くつろぎのBar

Bar OPA(オーパ)門前仲町店『名も無きカクテル』

白濁したル・ジン カルヴァドスカスクのカクテル。材料は内緒にしとこう☆

 

 

お久しぶり、俺です。

やっと会社帰りにBarに寄れるようになった。

でも、感染対策は怠らずに!

 

さぁ、茅場町のBar OPA(オーパ)のカウンターから始めよう。

時は、21時まで営業時間が戻った頃に遡る。

 

「久々にエスティバンをつくりました!どうです?」

「うーん、相変わらず、よく分からないカクテルだよ(苦笑)」

「よしっ☆」

「ハハッ!」

 

苦手なスピリッツのイメージが、どこかを分岐点にバカンスのイメージに逆転するカクテル、エスティバン。

いったい何処が分岐点だ?!

 

美味くて不思議で、ちと悔しい。

いたずらっぽく微笑む店長に、神妙な顔つきで声をかけた。

「では、ル・ジンのカクテルを」

「はい」

 

クリスチャン・ドルーアン社が販売しているジンに、カルヴァドスの樽でフィニッシュした、クラフトジンがある。

 

独特の風味を持つそれは、好きなジンの1つで、独特ゆえに、いつもストレートで飲んでいた。

カクテルにして、風味が消し飛ぶのが嫌だったからだ。

 

「ル・ジンのカルヴァドスカスクは、カクテルにできないよ~」

調子に乗る俺に、「そーゆーものほど化ける場合があるんです☆」と、店長は挑戦的に微笑んだ。

「じゃあ、つくって。」

「承知しました!」

 

で、数週間後。

薄い琥珀色のル・ジンは、トロッと白濁したカクテルとなって現れたのだった。

 

滑らかな舌触りでフルーティー。

マイルドで優しい甘さ。

だが、樹木の材をお香にしたような、口に含んだときの香りは健在だ☆

 

「………生きてる!香りが生きてる?!なぜ?味は女性も飲みやすくマイルドになってるのに……」

 

「それは………」

 

先輩に意見を聞き、スタッフにも協力してもらったと、店長はにっこりした。

 

Bar OPA(オーパ)は、ワガママな1人の客の要求に、人も時間も使い、素敵な答えを導き出してくれた。

だから、店長は材料を教えてくれたが、ここではあえて書かない。

だって、読んだだけでわかるなんて、つまらないじゃないか。

 

これまで、ル・ジン・カルヴァドスカスクを、独特の風味を理由に、勝手に「孤高の王子」と呼んだ。

でもこのカクテルで、王子は孤高でなくなり、多くの人に寄り添えるようになった。

自分の良いところを残したまま。

 

名も無きカクテル。

心の中でそっと呟く。

カクテルの名は「寄り添う王子」だ。

 

メンタ・ネモロサのモヒート。

大量持ち込みしたキューバミントで作っていただいた♪ダークラムベースの方がマイルド☆

ミントは、清涼感というより、特有の青味を楽しんで欲しい。

持ち込みは、くれぐれもBarの許可を事前に得てから!

 

Bar OPA(オーパ)門前仲町店

https://bar-opa.jp/

 

「くつろぎのBar」記事一覧

ページトップへ