くつろぎのBar

Bar Alpin(アルパン)『辿り着くBar』

お久し振り、俺です。

Barの記事としては、随分イレギュラーなことを書いたと思う。

でも、長い間、ずっとずっと書きたかったんだ。

 

   ☆   ☆

 

“さぁ、懺悔の時間だぞ。”

2年近く、心を焼き続けた後悔に決着をつけるべく、俺は、Bar Alpinの前にいた。

一瞬、逡巡するが、決心が鈍らないうちに、店内に入る。

 

「あっ!お久し振りです!」

「こんにちは、約2年振りです。」

「そんなに経ちました?」

「ええ…」

 

どうやら、本日最初の客らしい。ラッキーだ!

 

「ジントニックを」

「ジンは何になさいますか?」

「“季の美”で」

「承知しました。」

 

高山オーナーがジントニックをつくる間に、俺はきりだした。

 

「2年前、かなり酔ったお客さんがいらっしゃいましたよね……高山さんが心配げに声をかけて……」

「あぁ、はい!その節はご迷惑をおかけしました。」

「いや、違うんです。迷惑なんて、ぜんぜん!」

 

─2年前─

その日その時間、客は、まだ来店数回目の俺だけだった。

ご機嫌で飲んでいると、一人でやって来た男性がカウンター席に座り、そのまま突っ伏してしまった!

オーナーは心配げに声をかけるが、泥酔に近い状態だ。

驚いて見つめる俺を、恐らくオーナーは、俺が不快に感じていると思っただろう。

 

確かに、Barに限らず、何処でも泥酔はダメだ、決まってる。

でも、誰だって酒の失敗ぐらいあるし、長い人生、泥酔する時だってあるかもしれない。

そんなことより俺は、まったく別のことを考えていた。

 

泥酔状態でここ(Alpin)にたどり着くってことは………

彼にとって、ここは灯台のような場所に違いない。

言わば、“よすが”のような場所なのだ。

ここには彼の居場所があり、恐らくは、来店する多くの客にとってそうであり………

 

“いい店だな……”

何をもって良いBarと言うのか、色々意見があるだろうが、それは俺なりの確信だった。

 

ぼんやり考えにふけっていると、いきなり彼が起き上がり言った。

「Alpinをよろしく!」

「はっ、はい!!」

驚いて視線をずらすと、棚のマッカランが目に入った。

「マッカランを飲むときは、必ずここに来ます!」

名も知らぬ彼に、俺は誓いを立てた。 

 

─2年後─

「オーナー、俺は少しも迷惑なんかじゃなかった。それどころか、ここがいい店だと確信したのに、それを言わないまま帰った。それを、ずっと後悔してたんだ………」

 

困ったようなオーナーの笑顔が、俺を少しホッとさせる。

 

   ☆    ☆

 

「いらっしゃいませ!」

 

知らぬ間に、カウンターは客で埋まり、テーブル席でも客がくつろいでいる。

隣は、会社の仲間同士のようで、何やら楽しそうだ。

そのうち一人が席を立ち、残った一人が、俺に声をかけてきた。

 

「うるさくて、すみません…」

「いや、ちっとも!大丈夫ですよ!……ここはいい店ですね。」

「はい!開店した時から、来させてもらってます!」

「……そうですか」

離席していた客が戻り、俺も静かに2年振りのグラスをかたむける。

ふふふ、マッカランは苦手なはずなのに、こんなに美味かったっけ?

 

その日、心を焼いた後悔は消えた。

軽くステップを踏んで、俺は家路に就いたのだった。

 

   ☆    ☆

 

都心のBarと、その外郭エリアに位置するBarでは、同じ営業方針では通用しないのではないか。

地方で独立した有名なバーテンダーの店が、あっと言う間に閉店なんて噂も聞くからだ。

だが、Bar Alpinは、都内の一流店の技術はそのままに、地域の人々にとって大切な場所になっていた。

あぁ、素敵だな!そして、少し羨ましい(笑)!

今度は、そのカクテルを、流麗な手さばきを、書くっ!!

 

※何ともクリーミーな“オーガスタ・セブン”♪

 

Bar Alpin(バーアルパン)

 柏市柏4-4-16 ロイヤルビル2F

 TEL 04-7199-2286

 営業時間:火曜日〜土曜日 18時〜25時、日曜・祝日 17時〜24時

 定休日 :月曜日

 

「くつろぎのBar」記事一覧

ページトップへ