かしわずかん

GuitarShopTANTAN柏本店“オーナー”高井 有介さん

ダンディ店長を探せ!:Vol.7 GuitarShopTANTAN柏本店“オーナー”高井 有介さん

今回ご紹介するのは、株式会社TR(ティーアール) 代表取締役 高井有介さんです。

楽器の製造、販売、卸売業務などをメインに、音響レンタル事業や、アーティストレーベル事業、

撮影やヘアメイクといった美容事業を行っておられます。

 

今回は、高井さんが営むGuitarShopTANTAN(ギターショップタンタン)柏本店さんでインタビューさせていただきました。

 

中学生時代、先輩に憧れてバンドを始めたという高井さん。

あっという間に楽器の魅力にとりつかれてしまったんだとか。

素材である木によって音が全く異なることを知り、何よりも楽器そのものが好きに

学生時代から、“将来は音楽関係の仕事に就きたい”と考え、22歳で某大手楽器店に就職。

2011年、33歳で独立し、GuitarShopTANTANをオープンしました。

 

店内に所狭しと並べられたギターは、手入れが行き届き、光沢が美しい。

 

「自分のお店を始めたのは、“自分の好きな楽器を置きたい”と思ったから。」

そう話す高井さんが好きな音楽のひとつが“ジプシージャズ”

そのジプシージャズを奏でるのが、“ジプシーギター”です。

 

ジプシージャズはフランスで生まれ、1930年代にギタリスト ジャンゴ・ラインハルトが始めたジプシーの伝統音楽と、

スウィング・ジャズを融合させた音楽です。ジプシーギターは、ジャズの中でもヨーロッパで栄えていた音楽シーンに適したギター。

数が少ないため入手が難しいそうです。

日本での認知度は低く、お客さんの人口層も少ないため通常お店では片隅に1、2本置かれていることが多いそうですが、

GuitarShopTANTANさんは日本で一番の在庫数を誇っています。

 

お店で販売されているジプシーギターの数々。

 

そのためお店には、高井さんの“好き”に共感したニッチなファンの方々が、北海道から沖縄まで、全国各地から集まります。

“このジャンルを日本で閉ざしてはいけない”

ジプシーギターファンの一人である高井さんの強い想いが、お客さんを惹きつけているのではないでしょうか。

 

筆者が気になったことをお聞きした所、高井さんのダンディルールが見えてきました。

 

―店名の由来は何ですか?

 

高井さん「深い意味はありませんが(笑)。『タンタンの冒険』が好きだったことと、黙々とタンタン働きたいという思いでGuitarShopTANTANに決めました。」

 

―ウクレレもたくさん販売しているんですね。

 

高井さん「元々ハワイが好きで、ウクレレも大好きな楽器のひとつです。年に2、3回ハワイへ直接買い付けに行きます。100年前のヴィンテージものとか、マニアックなものをどんどん置いていきたいですね。」

 

―楽器を扱う上で、心がけていることはありますか?

 

高井さん「一番気を使っているのは“湿度”です。木でできている楽器は生き物と同じで、ひとつひとつが呼吸をしています。塗装されているので呼吸しづらいけれど、内部は生の状態です。例えば、乾燥しやすい冬場に湿度管理を怠ると、木が割れやすくなってしまいます。 (GuitarShopTANTANでは)入荷した楽器を安定させた湿度の中で寝かせ、熟成させ、お客さんに渡すまで、良いコンディションを保つ湿度管理を徹底しています。ベストは湿度50%です!」

 

―販売後のお客さんのことを考え、ここまで徹底しているんですね。

 

高井さん「お渡し後も、修理やカスタマイズの相談に乗っています。私たちは楽器のお医者さんでもあるんです。」

 

自慢の楽器だからこそ、自信を持って提供できる商品販売を心がけているんですね。

そして最後に、重要なお知らせが…!

 

会社経営の傍ら、柏商工会議所青年部にも所属している高井さん。自企業の発展と共に地域への貢献を目指す中で、

「行政と、音楽を愛する若者や夢を追う人たちのパイプ役になれたら嬉しい。」

「音楽を愛する人たちと一緒に、柏の街を、音楽が好きな人が集まれる場所にしていきたい。」と話してくださいました。

 

そんな高井さんの記念すべき2店舗目のお店、

UkuleleShopTANTAN(ウクレレショップタンタン)お茶の水店」が、

2018310日、御茶ノ水駅前にオープンします!

GuitarShopTANTANにあるウクレレの一部を持って行き、その他在庫を200~300本予定しているんだとか。

「GuitarShopTANTAN」、「UkuleleShopTANTAN」、ぜひ両店舗に足を運んで、高井さんが選んだ自慢の楽器に触れてみてください。

 

“直接お店に行くのは難しい”という方は、

通信販売も行っているのでホームページを要チェックです。

11本感じた印象を、文章やYouTubeなどを利用して説明してくれているんです!とても親切ですね♪

 

GuitarShopTANTANスタッフ

店長 坂井克行さん(写真左)、高井俊介さん(写真右)、代表取締役 高井有介さん(写真中央)

 

ジプシージャズを世に広めたギタリスト ジャンゴ・ラインハルトの戦時秘話を描いた

2017年11月25日(土)公開のフランス映画『永遠のジャンゴ』の監修に、GuitarShopTANTANさんが携わっているそうです!

撮影で実際に使用されたギターの販売も行い、今は日本のお客さんの手に渡っているんだとか。ぜひ映画もご鑑賞ください♪

映画『永遠のジャンゴ』公式HPはこちら→http://www.eien-django.com/

 

 

以下、お店の基本情報です。

 

GuitarShopTANTAN(ギターショップタンタン)柏本店

〒277-0841 千葉県柏市あけぼの1-1-24山澤ビル2F

☎04-7144-6802

【営業時間】11:00~19:00

【定休日】水曜日

GuitarShopTANTAN公式HPはこちら→https://www.guitarshoptantan.com/

株式会社TR公式HPはこちら→https://trmusic.jimdo.com/

OPEN 2018年3月10日(土曜日)11:00~
場所  東京都千代田区神田駿河台2-4-4明治書房ビル1階
店名  UkuleleShopTANTANお茶の水店

御茶ノ水駅 新御茶ノ水駅どちらからでも徒歩1分です。

 

 

 

取材・執筆:小島 眸  撮影:児玉 啓

ページトップへ