推しメシ

手打ちそば 栄月庵

第7回目の『推しメシ!!』は、あさひふれあい通りを抜けた先にある、国道6号線を渡って入った路地の右手にあるお店。

ご主人が心を込めて打つ、手打ちそばが自慢の「栄月庵」さんです。

ご夫婦で切り盛りされていて、来年2018年で開店20周年を迎えます。アットホームな雰囲気が魅力のおそば屋さんです。

 

11月から12月はおそばが一番おいしいとされる“新そば”の時期

今回は、そんな旬の一枚をご紹介します!

 

ちょっと贅沢!食べ比べ

清潔感があり、落ち着いた雰囲気の店内では、昭和歌謡曲が流れます。

“上を向いて歩こう”を聴きながらおそばを待ちます。

 

天付せいろ ランチ価格1,050(税込)

200円で写真の“あいもり”(せいろと田舎)に。

 

旬の食材にこだわっているという天ぷら。

この日は、海老、ブロッコリー、舞茸、紫芋でした。

“せいろ”は、そばの実の中心の粉で打つ、見た目は白っぽくて、ほのかな香りとつるっとしたのど越しの良さが、

“田舎”は、外側の粉で打つ、黒っぽい色味と、強いコシ、香り高さが特徴です

 

ご主人いわく、手打ちそばは“毎日同じ質で提供することが難しい”といいます。

その日の気温や湿度によって、加える水の量を微調整したり…

仕上がりにバラつきが出ないよう、自らの手、培ってきた感覚で確かめているそうです。

職人さんの日々の努力によって、コシがあってのど越しの良い、手打ちそばならではのおいしさが生まれるのです。

せいろそばを、ぺろっと二枚平らげてしまう常連さんも多いんだとか。

 

栄養たっぷり!そば湯

そして、栄月庵さんに来たら絶対に忘れないでいただきたいのが“そば湯”です。

こちらのお店で使用している“つゆ”は、通常の2倍の量のかつお節で出汁を取り、その分醤油を減らし、減塩をしています口当たりがまろやかで、うま味が強いのが特徴です。

このおつゆでそば湯を飲むと、さらに味に深みが増します。

筆者、実は今までそば湯のおいしさが分からなかったのですが、栄月庵さんのそば湯は飲み干してしまいました!

そば湯好きな方の中には、おつゆで割らずにそのまま飲む方もいるそうです。

 

そば湯には、そばに含まれるポリフェノール成分“ルチン”“植物性タンパク質”などの栄養素が溶け出しているので、栄養がぎゅっとつまっているんです。飲まないなんてもったいないですよ~!

 

1年の締めくくりに…

栄月庵さんでは、12月30日まで、“年越しそば”のご予約を受け付けています

生そば 1人前 700(税込) 

天ぷら盛り合わせ(海老・かぼちゃ・いんげん・レンコン) 800(税込)

※生そば、天ぷら盛り合わせは、それぞれ単品での購入も可能です。

※天ぷらは16:00以降のお渡しになります。

 

 

以下、お店の基本情報です。

手打ちそば 栄月庵

千葉県柏市明原1-8-14

☎04-7145-2412

【営業時間】

11:30~14:30 (L.O.14:00)

17:00~22:00 (L.O.21:00)

【定休日】

水曜日

 

 

掲載情報は2017年11月16日の取材時のものです。

掲載内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

 

取材・執筆:小島 眸  撮影:児玉 啓

ページトップへ